女性創業者たちがベトナムでリーダーシップを発揮する日

Huong Tran氏が2014年に新規のビューティーリテール企業Epomiをベトナム人投資家たちに初めて売り込んだとき、彼女は彼らの反応に衝撃を受けました。

「女は感情的な生き物だから、会社の経営なんてできっこない。だから女の会社に投資したくないと言うのです。そう言ったのは、ベトナム有数の大手国際ベンチャーキャピタル企業の人でした。私はその企業に期待しませんでした」とTran氏は述べています。

そのときまで、Tran氏は自分の申し出を受け入れてほしいと真剣に投資家を説得するのに苦労したことはめったにありませんでした。Tran氏はデューク大学でMBAを取得し、サムスンやGSKなどの大手多国籍企業で10年間指導者の立場にあったベトナム人として、ビジネス界で長く活躍してきました。彼女が投資家たちを説得したとき、Epomiはすでに急速に売り上げを伸ばしており、熱心な顧客基盤を持ち、大手サプライヤーと優良な契約を結び、ベトナムにおいて急成長するビューティーリテール市場をリードする明確な計画を持ち合わせていました。

Tran氏は最終的に起業資金を調達できましたが、当初彼女が味わった経験は特段珍しいものではありません。先進国か新興国かにかかわらず、女性差別は世界共通の課題です。いわゆるセクハラも同様です。テクノロジー業界で(も)生じている永遠になくなりそうにない一連の性的ハラスメント行為は、社会的にますます白日の下に晒されつつあります。

しかしながら、男女平等の一定の基準については、ベトナムは他のアジア諸国よりも優秀な国と言えます。たとえばデロイトの最近の調査によると、オーストラリアを除くアジア・太平洋諸国のうち、ベトナムは女性取締役の割合が最も高い17.6%でした。世界64カ国を対象としたこの調査からは、ベトナムがシンガポール(9.4%)や中国(9.2%)などの近隣先進諸国はもとより、世界平均(15%)をも上回っていることが分かります。

女性が中小企業経営者に占める割合でも、ベトナムはかなり高いものがあります。アジア開発銀行とオーストラリア政府が共同で指導するメコン・ビジネス・イニシアティヴ(MBI)の2016年報告書によると、中小企業のオーナー全体に占める女性の割合は、ベトナムが約25%なのに対し、南アジアは8%にとどまっています。

ベトナム最大級の有名企業の一部も女性が経営者です。最も著名なのがNguyen Thi Phuong Thao氏です。Thao氏は、2017年前半にベトナム証券取引所に上場した人気の格安航空会社Vietjetの創業者兼CEOです。彼女が東南アジア唯一の女性億万長者になった一つの要因として、同社の成功が挙げられるでしょう。

著名な女性CEOは、スタートアップ企業のみならず、小売りから農業にいたる幅広い業界でも見られます。

一部の業界では、上級管理職のかなりの割合を女性が占めています。2014年から2016年にかけて、私はシンガポールに拠点を置く医療データ会社と協力しながら、ベトナムで新たなサービスラインを立ち上げました。この間、私はベトナムのほとんどすべての多国籍医薬品会社に売り込みをかけました。その多くは未だに外国人の男性が経営者ですが、私の商取引相手の大半は女性でした。また裏で女性が仕切っていることもしばしばありました。

ただし、すべての業界が同じ感覚なわけではありません。2015年まで遡ってみると、ベトナムで急成長するIT部門を扱ったテコノミー(Techonomy)の一連の物語において、国内ITサービス企業へのインタビューやサイト訪問を幾度も重ねましたが、その間、女性に出くわすことはほとんどありませんでした。他の諸国と同様、ベトナムのテクノロジー業界も女性は少数派です。とはいえ、一部の教育機関は、自国の科学・技術・工学・数学(STEM)分野における人材の構築に取り組みながら、常にそのことを気にかけています。

「ベトナムには優秀な女性ビジネスリーダーたちがいます。だからといって、この国の経済界で男女平等が実現しているわけではありません。」そう話すのは、サンフランシスコやアジア各地に事務所を置くインパクト投資ファンドのPatamar Capital(旧Unitus Impact)ベトナム事務所の社長Shuyin Tang氏。男女間格差を埋めるべく、最近Patamar Capitalは東南アジアにおいて女性オーナー企業向け投資ファンドを立ち上げました。

その他の組織も、ベトナムの女性実業家の支援に取り組んでいます。たとえばMBIは最近ベトナムの女性オーナー企業を支援するためのプログラミング・サービスを提供するマルチ・ステークホルダープログラムWomen’s Initiative for Startups and Entrepreneurshipの立ち上げを手助けしました。そのヴィジョンはメコン地域にまで拡大しています。もうひとつがWomen of Vietnamです。これは、ベトナム系オーストラリア人起業家が2015年に立ち上げたプライベート・コミュニティです。

こうした組織は、時に騒がれ論争となるトピックと格闘しています。ベストセラー『LEAN IN(リーン・イン)女性、仕事、リーダーへの意欲』の著者シェリル・サンドバーグ氏は、「職場で男女平等を持ち出す人は、深海や泥水の中を進んでいるようなものです」と書いています。「このテーマ自体は、性差の存在を認めるよう私たちに迫りながら、同一待遇という目標の達成を試みるというパラドックスを孕んでいます。」

しかし、男女平等を奨励し、仕事における女性差別を防止する運動が世界中で高揚しています。この運動がベトナムでもヒートアップしていることから、この急速に成長するダイナミックな国において、より多くの女性起業家がリーダーシップを発揮する日の来ることが期待されます。

RCHループ、ベトナムに新工場建設

RCHグループがベトナムに建設した新たな製造工場は、同グループのグローバルなビジネス展開を後押しするものとなるでしょう。

先進技術を備えた新工場では、RCHのPOS(販売時点情報管理)製品のためのハイテク電子機器が製造されています。2018年1月の操業開始以降、拡大するRCHの顧客基盤を支える生産能力は向上しています。

RCHは、洗練されたイタリアンデザインと革新的なハイテク製品でよく知られています。RCH製品の特徴である「メイド・イン・イタリー」とその高い品質基準を維持するため、イタリアから呼び寄せたエンジニアが品質管理をおこなっています。工場の作業全般は、イタリア人のパオロ・アンドレッタGMが管理しています。研究開発や製品設計、販売・流通などの中核機能は、イタリアにあるグループ本社が引き続き担っています。

「当社は久しくこの地域で仕事をしてきました。特にRCHのコアビジネスを特徴づけるハードウェアとソフトウェアなど技術面でのベトナムの発展ぶりを私たちは評価しています。」「ベトナム人労働者の高いスキルとロンアン省のインフラ開発投資も魅力的です」と語るのはRCHベトナムLLCのパオロ・アンドレッタGM。

中国の香港と広州市に事務所を置くRCHは、アジア・太平洋において久しくプレゼンスを維持しています。RCHのアジア・太平洋における販売・業務(S&OP)全般の地域本部は、引き続き香港がその役割を担います。

RCHグループについて

RCHグループは、小売り、食品・飲料、娯楽、ホスピタリティ、フランチャイズマーケット、パブリックセクター向けの先進的なPOSシステムを提供しています。グループの主力製品には、レジ、セルフサービスのチケット販売キオスク、自動レジ、クラウドベースの事務管理サービスなどがあります。

1969年に設立されたRCHグループは、世界40カ国にプレゼンスを持つ複数の企業からなるグローバル組織へと成長してきました。RCHグループはその特徴的なデザインを先進的な製品エンジニアリングと組み合わせたことで知られています。イタリア北部に本社のあるRCHグループは、パートナー・リセラーの広範なネットワークを持ち、オーストリア、ベトナム、中国、その他のアジア諸国にオペレーションオフィスを置いています。

テクノロジー企業各社がITチーム拡充の動き

複数の人材派遣会社の調べによると、多くのテクノロジー企業が2018年にITチームのスタッフを前年比10〜15%増員するようです。その背景には、ベトナムのIT産業の見通しが明るいことが挙げられます。

IT求人ウェブサイトITviec.comがテクノロジー企業49社を対象に実施したアンケート調査の結果が1月31日に発表されました。それによると、ベトナムのテクノロジー企業の大多数が、優秀な熟練プログラマー、手頃な労働コスト、政治的安定などの点で、ベトナムはITハブとして大きな利点があると考えているようです。

調査対象となったテクノロジー企業のうち81%以上が、ベトナムは検討された他の諸国よりも労働力が豊かで、労働コストも低いと答えています。また75%は、ベトナムのITエンジニアは技術スキルの面で他国のITエンジニアよりも優れていると答えています。

今後12カ月間にITチームを10〜50%増員すると答えたテクノロジー企業が69%、また50%超増員する計画であると答えたテクノロジー企業が9%となっています。

最も需要がある人材は、創造的に思考し、問題解決法を提案することのできる上流開発者です。上流開発者を最も求めているIT企業は55%にのぼります。

ITviecのCEOクリス・ハーベイ氏は、「ベトナムは、東南アジアのみならず、世界全体のテクノロジーハブになりつつある。ベトナムに進出する外国のIT企業は増加しており、Foody.vnやVNGなどの国内企業も急速に成長している」と述べています。

2013年にホーチミン市に進出したオーストラリア系企業Teamscal Pty Ltdは、今後12カ月間にITチームを10〜30%増員する予定であると同社の取締役マイケル・ロッブ氏がViet Nam Newsに答えています。

シンガポールを拠点とし、2014年にホーチミン市で業務を開始したRobust Tech Houseは、2018年にITチームを30〜50%増員する予定であると同社の取締役ミッシェル・コー氏が明らかにしています。

スペシャリストの人材紹介会社Robert Waltersが実施した2018年の給与に関する調査によると、上流・下流IT開発者(特にNet, PHP, Javaの熟練開発者)の給与アップと需要の増加は2018年も続く見通しです。

アジャイルなどのスクラム開発手法を採用する企業は今後も増えていくことが予想され、その原理を確実に理解するプロジェクト・マネジャーの需要が高まるでしょう。

またベトナムの主要セクター全般でビッグデータの使用が着実に広まりつつあることから、高度熟練開発者の需要は2018年も引き続き高まるものと見られます。

Teamscal Pty Ltdのロッブ氏は、「ITプロフェッショナルの数は多いものの、国際標準を満たすのに何が重要かについて見識の浅い人たちが応募してきている」と述べています。

総じてITエンジニアたちは、国内的な役割には適応できても、海外のクライアントにはうまく対応できないとロッブ氏は指摘しています。

「この点は、ベトナムを拠点とする国際企業が増えれば改善すると思いますが、それにはまだ時間がかかる」とロッブ氏は見ています。

ロッブ氏はまた、国際経験のあるエンジニアと国際経験のないエンジニアとでは大きな差があると指摘しています。考え抜かれたリーダーシップ、コミュニケーションレベル、英語力、異なる考え方を受け入れる基本姿勢などの点においてそれが顕著です。

ロッブ氏によると、国際レベルで貢献する姿勢と能力を持つエンジニアは少数ながら増えてきているようです。

Robust Tech Houseのコー氏はこう述べています。「ホーチミン市には一大ITセクターがあります。ITセクターは働くのに魅力的な産業なので、多くの求職者が集まってきます。ところが、彼らのなかには十分な資格も、訓練も、経験もない人がいます。ですから、求人は多いものの、実際に働ける人材はわずかしかいません。専門スキルの有無をもってわずかな人材をさらに絞り込むなら、ただでさえ全世界的に人材が払底している現状では、結局のところ、企業が適材を求めてしのぎを削り、求職者を篩いにかけざるをえないのは何の不思議もありません」と。

IT産業の本質は、進化のスピードが速い点だとコー氏は言います。ブロックチェーンやAI、チャットボットのように流行(はや)る技術もあれば、時代遅れとなって姿を消す技術もあります。

コー氏はまた、人びとが新たなニーズに対応する新たなスキルを習得している間に、企業側の求める人材が変化することもあると述べています。

ITviec.comの調査によると、新人エンジニアの給与は上昇しているようです。

調査対象となった企業のうち45%は、IT新入社員の給与は前年比10〜20%アップしたと答えています。

37%の企業はIT新入社員の給与は10%アップし、16%の企業は20%以上アップしたと回答しています。

給与は上昇していますが、ベトナムは依然として競争力があります。回答した企業のうち94%は、ベトナムのバリュー・フォー・コスト(費用に見合う価値)は同等の諸国のなかでいちばん高いと答えています。

Robert Waltersの調査によると、概して転職者はそれまで働いていた会社よりも20〜25%高い給与を受け取っているようです。