外国で仕事を見つける秘訣

外国で仕事を見つける方法
外国で仕事を見つけるには注意が必要です。外国で夢の仕事を見つけるのに役立つ秘訣を以下にお教えしましょう。

ユニークな経験をしたい新卒者であれ、現状を変えたい経験労働者であれ、国境を跳び越えていくことは、刺激的な選択肢となります。ただ残念ながら、外国暮らしを夢見る多くの労働者が、その夢を果たせないでいます。多くの場合、外国で新しい仕事を見つけるには、とりわけ準備不足の人の場合、ある程度の要領が必要です。

私たちは、外国で夢の仕事を見つける秘訣を知る業界の専門家に取材しました。

オンライン・ネットワーキング
インターネットのおかげで、求職者は外国の求人情報を見つけやすくなりました。しかしその効用はそれにとどまりません。今やソーシャル・メディアの普及で、国際的な専門職のネットワークを築くことができます。ハロゲン・ソフトウェアの企業人材担当マネージャーであるリサ・マレン氏は、「オンライン・ネットワーキングは、対面ネットワーキングのお膳立てをします。うまくいけば、直接対面する前に打ち解けることができます」と述べています。「オンライン・コミュニティやユーザー・グループを利用すれば、求職者はネットワークを築く機会を得られ、必ずしも自分が仕事を探している業界に向けて積極的に働きかけることがなくても、スキルや考え抜かれたリーダーシップを示すことができます」とマレン氏。

直接の経験
おそらく(望むらくは)お気づきのように、初めての国に行けば、かなり大きな変化を被ることになるでしょう。それを真剣に考えているならば、自分が働きたい国をすでに訪れたも同然です。そうでないならば、旅行の計画を立てるのがよいでしょう。これから心奪われることになるであろう文化の薫りを嗅げるだけでなく、就きたい仕事が見つかる可能性も高まるかもしれません。

中国中央テレビ(CCTV)の人事マネージャーであるグレン・ラブランド氏は、「あなたがめざす国を訪れ、何か情報が得るために前もって取材しておくことは賢明です」、「国際感覚に富む雇用主は、仕事を見つけようとする国を一度も訪れたことのない人材を雇おうとはしないものです。あなたは自分が行きたい場所に親しむべきです。期待と現実が食い違うことはよくあるからです」と述べています。

求人応募の手続きに関するその国の慣行を調べる
国境を跨いで職探しをする多くの人たちは、カルチャーショックは覚悟していますが、求人応募の手続きが国によって異なる点を見落としがちです。オンライン卸売業者SaleHooの共同設立者でCEOのサイモン・スレイド氏は、「米国外で仕事を見つけるときは、求人応募の手続きに関するその国の慣行を理解し、その国の言語で履歴書(CV)を書くようにしましょう。たとえば、ニュージーランドでは、アメリカン・イングリッシュでなく、クイーンズ・イングリッシュで書きましょう」と助言しています。

国によっては、言語の違いだけではありません。「中国では、履歴書に自分の写真を貼るのがふつうです」、「提出する履歴書がその国の形式に従っていれば、あなたの本気度が雇用主に伝わるかもしれません」とラブランド氏。

インターナル、でもインターナショナル
遠い国で仕事を見つけたいかもしれませんが、実際のサーチは自分の国の近くから始めるほうがよいでしょう。「あなたが現在働いている会社が世界各地にある他のオフィスで働く社員のために全社的な求人情報を提供しているかどうかを確認してみてください。たとえあなたの会社に正式な社内転勤制度がなくても、あなたが行きたいと考えている国のオフィスの人事部に連絡を取ることができまるでしょう」とラブランド氏は説明します。

またラブランド氏は、「専門機関の一員であれば、海外に拠点があるかどうかを確認しましょう。現地の求人活動に役立つ情報を提供してくれるかもしれません」と示唆しています。

自分について説明する
面接時の質問は雇用主によって異なるでしょうが、国外に仕事を求めている人は、まずその理由を訊ねられると考えてよいでしょう。ラブランド氏は言います。「あなたが海外に移りたい理由を詳しく聞かせてください。それはあなたのキャリアに役立ちますか? あなたの配偶者も一緒に移住する予定ですか? あなたも仕事をする必要がありますか? あなたはいつも海外で暮らしたいと思っていましたか? 今がそのときだとお考えですか?」といった質問です。ラブランド氏はまた、「採用担当者は、あなたが契約を履行するために実際どのように取り組んでいるのかをよく知りたいと思うでしょう。外国人移住者の雇用は、書類作成や規制上の問題があるため、常に複雑です。雇用主からすると、被雇用者の移動が予想外に遅れるおそれもあります」と説明しています。

行動は美徳だが……
いよいよ、あなたは海外に仕事を求めて、世界を見るために国を出る準備ができましたね? でも、焦ってはいけません。実のところ、外国で仕事を見つけることは、自分の国でそれを見つけるよりもずっと時間がかかるものです。「仕事探しには最低でも4カ月から6カ月はかかると見ておきましょう。ビザ手続きも意外に時間がかかります。たとえばCCTVでは、あなたが仕事を受諾してから約4カ月後までビザ申請書類を受け取らないでしょう。バックアップ計画を立て、海外行きにすべてを当てにしないようにすることが肝要です」とラブランド氏は注意を促しています。

2018年のベトナムの雇用見通し

人材派遣会社各社は、2018年のベトナムの雇用市場はおおむね良好との見通しを示しています。ベトナムでは、製造基盤の開発が続いていることが一つの要因として挙げられます。

人材紹介会社キャリアリンクのベトナム求職者担当マネージャー アン氏は、「ベトナムの製造・産業部門の成長が2018年も続くことを期待する」と述べています。

ベトナムに進出・拡大する多国籍企業は増えており、新工場の建設が予想されることから、エンジニアや製造業専門家の需要は今後高まるとタム氏は見ています。

ショッピングモールや不動産計画の増加に伴い、国内小売部門の成長も見込まれます。

タム氏は、「2018年は事業提携のスキルに熟達した専門家の需要も高まる」と予想しています。

キャリアリンクの報告書によると、一般消費財(FMCG)産業、テクノロジー産業、医薬品産業では、社内法律顧問の募集が引き続きおこなわれると見られますが、金融サービス産業では、ますます複雑になる規制要件に対応して、内部統制・監査機能を担う新たな役職がすでに設けられたようです。

ベトナムの主要部門で着実に広がっているビッグデータの使用に伴って、ソフトウェアの高度熟練開発者が2018年も引き続き求められるでしょう。

しかしながら、マネジメントスキルに熟達したIT専門家やフルスタック・ディヴェロッパー(複数の技術分野についての知識や技能に精通し、一人でシステムの開発や運用がこなせる技術者)、フロントエンドのUI/UX専門家を見つけることは企業の人事責任者にとって至難の業でしょう。国内の労働市場には、それらに適した人材がいないからです。

企業はこの人材不足を克服するため、海外で活躍するベトナム人に期待する可能性が高いと見られています。

キャリアリンクアジアのヒエン氏は、デジタル経済の地域的拡大が続くなか、企業各社が競争力と市場シェアの強化をめざしていることから、多くの企業がオンライン/モバイル・プラットフォームの創設に動いていると述べています。

こうした大きな動きを受けて、多くの企業は、マーケティングと情報技術の分野で、デジタル技術に通じた専門家(特に非営業部門のデジタルインフラの運営に熟達した人材やニッチのテクノロジースキルを備えた人材)を必要としています。

ヒエン氏は、「営利的思考を発揮しつつ、複雑な人事管理に長けた人材の需要が高まる」との見通しを示しています。

2017年にふるい落とされた人材が労働市場に残ってはいますが、企業の人事責任者はほとんどの部門で人材不足への対応に苦しんでいます。

これは、海外経験があり国内の知識に通暁した高い潜在能力を持つ専門職の雇用に特別な影響を与えました。

ベトナム市場で事業拡大を計画する大手小売企業が増加するのに伴い、小売産業で働いた経験のある人事専門職が求められる可能性は高い。

技術的・専門的スキルの需要が生じていることから、長期的に文化適合的な人材の雇用をめざす組織が増えるなかで、人材採用プロセスはどの産業も一層厳しくなるでしょう。

専門職が転職する場合、年収は2017年よりもやや低い20%アップとなるでしょう。

同じ組織に居続ける場合、年収は前年度比で約10%アップが期待できます。

2018年(特に前期)のベトナムの雇用市場は成長すると予想しています。

卸売り、製造・生産、建設、工学は、どれも人材を最も必要としているセクターです。

ベトナムの多くの企業は、マネージャーとディレクターの需要が高まるとしながらも、それぞれの基準を満たす人材を採用するのは難しいと見ています。